チャン・グンソク

チャン・グンソク 再♪

ファンミのチケットが取れず、盛り上がっていた熱もダウン
そのまま遠のき気味でしたが、
4月27日に日本CD「Let me cry」デビュー (オリコンでいきなり1位)

【送料無料】Let me cry(通常盤)

【送料無料】Let me cry(通常盤)
価格:1,200円(税込、送料別)

そのお陰で、嵌ったドラマ「美男<イケメン>ですね」が再放送されています。
ついつい、また途中から見始めちゃいましたニャハハ
どうやら、ファンテギョンなグンちゃんが一等好きだって再確認デス。

なので、歌手なグンちゃんも
日本の歌番組に出演して歌っているところが観てみたいなぁ~。
とりあえず、5/9に「HEY!HEY!HEY!」にコメント出演するみたいなのでチェックですぅ。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

CREA 2010年6月号 チャン・グンソク

待合室で、雑誌をパラパラしようとしたら”韓流ドラマ”の文字が

 「Book in Book」

 素晴らしき韓流の世界

 ・韓国ドラマの三大潮流をズバリ教えます!

 <潮流3>イケメン超美男アルバム/チャン・グンソク

Photo Photo_2

中世的な衣装のグンちゃんを発見しました

撮影は、ソウルでしたそうで、スタッフの方のブログには

「テギョンのあのアイメイクをしていなくても、

じゅうぶんに妖しく、色っぽい目線のグンソクサンさん」

とコメントされてました。

確かに目線

待合室には、自分ひとりしか居なかったので、

かなり堂々と撮影してたら、

いつの間にか横に受付のお姉さんが(゚ー゚;すっすみません怪しい事して。

なので、内容が読めませんでしたー。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『着信アリfinal』 チャングンソク

2006年に公開された、死の着メロの恐怖を描いたホラーシリーズの最終章。

『着信アリ final』

これは、韓国版のチラシ。

Photo

チャン・グンソクが出演していたので、観てみました。

ホラー映画を見るなって久しぶり((・(ェ)・;))怖いかな?

 松田明日香役: 堀北真希

 草間えみり役:黒木メイサ

 アン・ジヌ役: ジャン・グンソク (→この頃は、ジャンで通ってたのかしら)

Photo_2

Photo_3

あらすじ

草間えみりは、修学旅行で韓国へ行くことが決まり、日韓手話交流会で知り合った韓国の男友達アン・ジヌと会えるのを楽しみにしていた。一方で、自分の身代わりとなってイジメを受けている松田明日香が、首吊り自殺を図り、心を痛めていた。その修学旅行先で、クラスメートの携帯電話に次々と、自分自身の死の画像が添付された”死の着メロ”が届き「転送スレバ死ナナイ」の文字が!お互いに自分への転送を阻止しようとバトルが繰り広げられる。~自分が生き残るために、友人に死を転送できますか?~

う~ん韓国で撮影して、特撮にお金かけられなかったのか?

死に方が、リアルじゃなくてぜんぜん怖くなかった

2006年のグンちゃんは、ふっくらしてやさしい顔立ちでした

黒木メイサのボーイフレンド役。

ちょい役?と思いきや

呪いの連鎖を阻止すべく手助けをして、

FINALとしての想像以上に重要な役割を演じていていました。

今回手話だけで、声が聞こえなかったのがセツナイ~。

You Tubeで、撮影風景が見れました。

Jang Keun Suk / One Missed Call Final

| | コメント (0) | トラックバック (0)

チャン・グンソク & パク・シネ 「ETUDE BB カップル」CM

もうひとつ、パク・シネちゃんと一緒のCMがありました~

ETUDEの化粧品「真珠のようにきれいなBBメーク」のCMです。

(2009/02/27~)昨年なので、若い

可愛い

音楽を聴く時も、写真を撮る時も、授業中だって

ほっぺをくっつけて、1日中爽やかなキャンパスカップル

Bb0

Bb2

Bb1

Bb3

Bb6

Bb5

とにかく、キュートで、甘~い雰囲気。

見ていて笑顔になっちゃうCMです。

元気が欲しくなったら、また見ようっと。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

チャン・グンソク パク・シネ Garden5 CMで共演

『美男<イケメン>ですね』も終わってしまって、

寂しくて・・・と思っていたら@@ハッ

チャン・グンソク&パク・シネ コンビのCMを見ることができました

Garden 5(ソウル南東部、文井洞の大型ショッピングモール)のCM

Cm1

Cm3

Cm02_3   

CMの間中「♪ナントゥッコノルゴシッポ ナンサゴノルゴシッポ♪(?0?)」

頭をぐるぐる回る曲が流れて、ダンスも曲もかわいい。

撮影現場の様子も見れて、楽しい。

Cm01

Cm03

日本のCMも、メイキング映像流してくれたらいいのにね。

チャン・グンソク君のサイン会も行われ、

途中から時間足らずにタッチ会に変わっちゃったみたい。

その時のサイン色紙がオークションされてるぅ。高っ!

Photo

CM繋がりで、初対面でシーンを撮った

コスメブランド「ETUDE」の映像も残しておこうっと。

Kiss

| | コメント (3) | トラックバック (0)

美男<イケメン>ですね

『美男<イケメン>ですね』タイトルからして、

漫画が原作の軽い内容?、設定が設定だしと

油断していましたー∑(=゚ω゚=;)

こんなに楽しませてくれ、ハマルとは思っていませんでした

でも今日で最終回かぁ。

Photo_2  〔キャスト〕

 ■チャン・グンソク (ファン・テギョン役)

 A.N.JELL リーダー。外見は完璧でも内面は欠点だらけ!(潔癖症夜盲症)でも面倒見がいい。

 ■パク・シネ (コ・ミナム役)

 修道院でシスター修業中だった、双子の妹コ・ミニョ。純水培養なので、もろく純。

 ■イ・ホンギ (ジェルミ役)

 明るく、サービス精神旺盛。グループのムードメーカー。

 ■ジョン・ヨンファ (カン・シヌ役)

 容姿端麗。冷静沈着。

 

〔あらすじ〕

修道院でシスター修行していたコ・ミニョは、ある日、大人気イケメンバンド「A.N.JEL」に加入する予定の、双子の兄コ・ミナムの代役をする事になってしまった。修道院育ちのミニョにとって、「A.N.JEL」3人のメンバーは、美しい天使達に見えた。メンバーに女の子だとばれないように!ドキドキハラハラな生活の始まりだ。リーダーのファン・テギョンは、コ・ミナムの加入を猛反対し、コ・ミナムが女だという事実を知り、クビにしようと画策するも「生き別れの母を捜したい」との訴えを聞いて、いやいやながらも責任を持って庇ってやる立場となってしまう。コ・ミナムが加入してから。騒動連続!接しているうちに、ミナムは、ファンテギョンを見るたびにドキドキするように、それが何故だか判らなくて困惑。他のメンバーもミナムを意識し、恋の行方は?キュン死寸前のラブコメディー。

男装のコ・ミナムが、女性にしか見えない不満も、Photo_3

内容の面白さと、コ・ミナムの純情一直線な可愛さで薄れて行き。

Anjel

最初、L'Arc-en-Cielのhydeに見えてしかたなかった、ファン・テギョンも、

仕草や表情(特に笑顔)、ファッションやミナムに対する高圧的な態度に、

ヤラレてしまいました

ファン・テギョンへの思いを抑えようと、ツボ(鼻)を押して豚顔になっちゃう。

Photo_4

この仕草をする度に、健気で可愛い

(マ室長から教わった胸がどきどきした時、感情を抑えるツボ)

度々みせたこの唇を突き出してムムム~な表情

Mumu

満面のスマイル(まっマブシイ

Photo_6 

Photo_7

A.N.JELの1stファンミーティングが行われたそうですが、

もし、チケット発売前だったら、チケ取りがんばったかもしれましぇん

(まぁ4000人分が、5分で捌けたようなので、そもそも取れなかったでしょうけど)

Photo_8

あ~チャン・グンソクJAPAN TOUR

11月に横浜でやるんですね。

どうする?私?

| | コメント (2) | トラックバック (0)